忍者ブログ
*****
現実からの逃避。避難所。日々の愚痴や妄想を投下する為、うだうだな内容となり同人的表現が飛び交うこと必至。ご了承下さい。
9  8  7  6  5  4  3  2  1 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

* * *
 BLEACH:カプはindex参照。
「なぁ、一護」
「…ぁっく、…んだよ…っ、」
市丸の右手が一護の左手に寄せられ、やがて指と指が絡み合っていく。まるで蔦のように、対象を決して逃さぬようきつくきつく。
一護は背中が壁に押し付けられてもなお抵抗するように後ろへ引こうとする。結果、市丸とさらに距離が近づくが、その事実すら理解できぬほどに追い詰められていた。
「お、ぃ…ここでは、やめろよ。ヤだからな」
それを聞くと市丸は笑いを隠さず口元に弧を描いた。
「…何を?なにをされたいん?ゆうてみ、一護…」
吐く息が荒い。
一護は時間がどうとか場所がどうとか、そんなもの。考えられなくなる。
そうこうしている間に、市丸の左手は、一護の右手を。
「も、やめ…、ぐっ!」
唇が重なるのを感じた。深く浅く、もっと底まで。落ちる。
「息、せんと。一護…死んでまうよ?」
くくく。美しい銀色の狐が笑うのを視界の端で捉えた。輪郭がぼやける。一護は自分が泣いているのだと、この時初めて気付いた。
「もっと啼いて」
「ぁ、あ…!」
両手は彼によって封じられ、その両の指先からもビリビリと得体の知れないけれどよく知っているだが認めたくない何かが、一護をじわじわと蝕んでいく。
「一護、このまま」
そして彼が言う。

     "堕チロ"

「い、やだ」
それが最後の抵抗。
気を失った一護を片腕で受け止め、満足そうに「嗚呼」とひとこと。

この人こそが、私の最愛。私の命。

彼の立つその場所こそが、深淵との境界線。
PR
* * *
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メールフォーム
最新コメント
[08/11 未鳴]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
柊カエデ
HP:
性別:
女性
職業:
低賃金だけど人間関係は良い職場の社員
趣味:
ゲーム、映像鑑賞
自己紹介:
松井氏は神。一生ついていきます。只今銀魂にハマり、桂にハマってます。思わず桂魂部屋を作ってしまうほどちょっと我慢きかなかった。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/21)
(05/21)
(05/21)
(05/22)
(05/23)

忍者ブログ [PR]

Design Template by