忍者ブログ
*****
現実からの逃避。避難所。日々の愚痴や妄想を投下する為、うだうだな内容となり同人的表現が飛び交うこと必至。ご了承下さい。
12  11  10  9  8  7  6  5  4  3  2 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

* * *
 トライガンのアニメをレンタルし、2日間で見終えました。やはし面白いものは何年経っても面白いですね。そして新たな発見がいくつも見つかる。9年前に何の気なしに見ていて、ただかっこいいとしか思ってなかったものが、今見ると全く異なった角度からストーリーを追うことができ、私も確かに内から変化していっているのだなと実感できました。そうじゃなきゃ悲しいよね。本や映画ドラマアニメの類を何年か経て鑑賞するという行為は、成長ではなくても(であってほしいけど)自分が変化しているのだと自覚できるツールでもあります。一度体験しているはずなのに、新鮮に感じることができる。それって凄いことですよね。
 最終話での「そんなことの為につくったんじゃない」「こんなことにしか使い道がないものだ」という台詞。正確には違いますが、こんなような台詞。「あー…そうなんだ。うん、そうだよね」とストンと胸に落ちてきました。自分の中での信義と、キャラクター(監督・脚本家という自分以外の他者)と同調したときのこの快感。
 ヴァッシュは本当に純粋なままレムの言葉(理想)を信じて長い長い時間を生きてきたんだなー。疑いながらも信じることを貫ける強さを彼は持っている。彼の背負うものは重過ぎるはずなのに、たぶんこれから先も、同じように色々背負い込みながら生きていくんだろうな。シビアなラストですが、希望が持てるエンディングです。レムと別れたときから精神年齢が止まっていたかに思える描写(主に「レム」と口にするとき)が多々ありますが、それもラストの台詞でその時間が動き始めたことが窺えます。
 次回予告の語りが毎回秀逸よねーと思いながら見ていました。思想がね。次回予告だけをダーっと流して見たりもしました。うん、面白かった。
 何でトライガンだったかって、そりゃあパンプキンシザーズ探しに行って、そしたらレンタルされてて、このまま帰れるかって色々見ていたら発見したのさ!DVDは映像がきれいでよいですな。
PR
* * *
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メールフォーム
最新コメント
[08/11 未鳴]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
柊カエデ
HP:
性別:
女性
職業:
低賃金だけど人間関係は良い職場の社員
趣味:
ゲーム、映像鑑賞
自己紹介:
松井氏は神。一生ついていきます。只今銀魂にハマり、桂にハマってます。思わず桂魂部屋を作ってしまうほどちょっと我慢きかなかった。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/21)
(05/21)
(05/21)
(05/22)
(05/23)

忍者ブログ [PR]

Design Template by